風水で仕事運をアップしよう ~ お部屋編

仕事運 風水

仕事を頑張っているのに成績が上がらない、同僚とのコミュニケーションがうまくいかない、ミスが多くなった。。。自分は一生懸命働いているつもりなのに、なんだか空回りしているようなときは、仕事運が良くないのかもしれません。

そんな時には仕事運をアップのために、生活の中に「風水」を取り入れてみましょう。
風水で自分のお部屋の気の流れをよくすることは、仕事運をアップするだけでなく生活の潤いまでアップさせてくれますよ。

仕事運アップのため、お部屋に風水を取り入れるポイントをご紹介します。

仕事運をアップする風水「方角とインテリア」

仕事運 風水

仕事運に影響を与える方角

仕事で高めたい運はいろいろありますが、出世運・財運にこだわる場合に大事なのが北西の方角です。
出世してたくさん稼ぎたいと思う人は、仕事をする場所や机の位置など、変えられるところから意識をしてみましょう。

また東と南東は発展運を司るので、新しい仕事や企画をする人に向いています。起業を考えている、またはクリエイティブな仕事をしている人にはおすすめの方角です。

ちなみに西の方角の仕事部屋は、落ち着いて仕事に取り組める反面、仕事運も落ちるのであまりおすすめできません。

机の位置を変えて仕事運をアップ

机はお部屋の真ん中からみて東の方角に置くのが吉とされています。

東は「発展」や「成長」を司る方位なので、仕事がはかどり、結果を高く評価されることにつながるかも。

また、「人気」と「美容」を司る南も机を置くのにおすすめの方角。東と南の両方のパワーを得られる南東なら、さらに運気アップが期待できます。

玄関と寝室をきれいにして仕事運アップ

家の入口である玄関は気が出入りする場所で、仕事運だけでなく、金運と健康運にも直結しています。
ぜひともこまめに掃除して清潔に保ち、運気をアップさせましょう。

また、家のなかで仕事運に最も影響するのが実は寝室です。運を吸収する寝室では、寝ている間に気を吸収しています。
金運や健康運が上がる北に枕を向けて、いい気を吸収できるようにするのがおすすめです。
(北枕はちょっと縁起が。。。と気になる人は無理をなさらずに)

また東の方角は、運を切り開き発展させる方位といわれているので、行動力を必要とする人に特に効果があります。

南や西はストレスが溜まったり熟睡を妨げたりするので、避けた方が無難です。

観葉植物を置いて仕事運アップ

観葉植物は気の流れをよくするラッキーアイテムで、上へ伸びることから仕事運がアップするとされています。

葉が丸みを帯びていると商売繁盛に導き、先が尖った葉は競争に打ち勝つのに効果的。

仕事運を上げるには、財運を意味する西の方角に飾るのがおすすめです。

仕事運を上げるおすすめの観葉植物はこちらです。

パキラ
・発財樹とも呼ばれ、商売繁盛や金運アップに導く
・日本の気候にマッチしていて簡単に管理できる

ゴムの木
・丸みを帯びた葉が上に伸び、仕事運がアップする
・丈夫でお手入れしやすい

ベンジャミン
・金運アップで知られ、商売成功や仕事運のパワーも持つ
・管理不足だと葉が落ちやすいので中級者以上におすすめ

仕事占いが当たる

電話占いで仕事占いが当たる占い師さんをアクセス数、口コミなどから独自にランキングしました。職場の人間関係、恋愛問題、パワハラ・セクハラ、転職などに悩んだら、人気・実力をあわせもった占い師さんにその仕事の悩みを相談してみましょう。[…]

電話占い 当たる仕事占いランキング

仕事運をアップする風水「色」

仕事運 風水

風水では、お部屋の北西に白くて丸いものを飾ると仕事運アップにおすすめといわれています。

丸いものは、インテリア雑貨や仕事用の小物のほか、白いボールなどでもOK

風水では「水」を意味する青色は心理学的にも冷静さを表す色で、お部屋のインテリアに取り入れると、集中力を発揮できるので、毎日仕事が慌ただしくて「落ち着かない」と感じている時などおすすめです。

仕事部屋はもちろん、寝室に取り入れれば寝ている間に運気もアップ。

青色は東の方向と特に相性がいいので、お部屋の東側に使うとさらに効果が期待できます。

勝負の色としても用いられる赤。風水では「火」を表します。

何か新しいことを始める時や、やる気をアップさせたい時におすすめの色です。

南の方角とは特に相性がいいので、南向きのリビングや仕事部屋に取り入れると良いでしょう。

行動力や積極性を上げて仕事運をアップさせる効果がありますが、体を休める寝室に使うと、落ち着きがなくなり安眠できないことがあるので注意しましょう。

仕事において「なんだかツイてない」ということが続いたり、「来年はもっと飛躍したい」と思った時には、ぜひ生活の中に風水を取り入れてみてください。